急増!大腸がんの初期症状と検査方法

大腸がんは、日本では肺がん、胃がんに次いで多い、がんの死亡原因です。特に食生活の欧米化により、急激に大腸がんになる人が増えたといわれています。大腸がんの初期症状や検査方法についてまとめてみました。

大腸がんの初期症状

大腸がんの初期段階では、あまりはっきりとした自覚症状がありません。大腸がんの症状は、ある程度がんが進行してからあらわれることが多いのです。しかし、もし次のような症状が継続的にあるようなら、大腸がんかもしれないので、病院で検査してもらいましょう。

・おならの回数が多くなった、刺激臭や腐敗臭がある。
・下痢気味。
・トイレの時間が長くなった。
・下腹部にちくちくとした痛みがある。
・疲れやすくなった。
・あまり食欲がない。
・お腹に違和感を感じることがある。

大腸がんの検査

大腸がん検査

大腸がんの検査方法についてはいろいろな種類があります。定期検診などの検診では、比較的体に負担のかからない検査方法が採られます。大腸がんかもしれない自覚症状がある人などは、より正確な判断ができる検査方法が採用されます。

便潜血検査

大腸がんができるとその腫瘍や潰瘍部分から出血する場合があります。このときには便に血液が混入するので、便を調べることで大腸がんの可能性があるかどうかを調べることができます。

ただし、大腸がん以外でも便に血液が混じることはあるので、血便があったからといって、大腸がんであるとは限りません。

しかし、経済的にも身体的にも負担の少ない検査方法ですので、広く用いられており、とくに高齢者の人にもすすめられています。

直腸診

大腸がんの一種に、肛門付近にがんができる「直腸がん」があります。直腸でも特に肛門に近い部分にがんがあるかどうかを触診して調べることができます。

がんが悪性か良性かまでは判断できませんが、直接触ってみることで、しこりやこぶのようなものがあるかどうかなどがわかります。

注腸造影検査

肛門からバリウムと空気を入れて、レントゲンを撮る方法です。大腸の輪郭がわかるので、腸壁などに異常があれば、大腸がんの可能性があります。

この検査を行うときは、前日から検査用の食事をとったり、前もって下剤を飲み大腸内を空にしておく必要があります。

体への負担は比較的少ない方法ですが、大腸がきれいに空になっているかどうかや、バリウムの送り具合によって、診断の正確さが左右されます。

大腸内視鏡検査

肛門から管状の小型カメラ(内視鏡)を挿入して、大腸の粘膜面を直接観察します。がんの位置や大きさなど、がんの状態を詳しく調べることが可能です。

内視鏡検査の時には、大腸組織の一部を切って、取り出すことが可能です。切除した組織を顕微鏡で観察し、がんかどうかを正確に判断できます。

また、小さな早期がんの場合は、内視鏡検査時にがんの部分を切除して治療することもあります。

まとめ―大腸がん増加の原因

近年、大腸がんになる人が増えています。特に男性の大腸がん患者は女性の2倍にもなり、特に50歳を超えると一気に罹患率が増大します。

大腸がんが増えている原因は、高コレステロール、高カロリーな食生活、ストレス、運動不足などだと考えられています。しかし、言い換えれば、これは食事や生活習慣で大腸がんを予防することも可能だということです。

大腸がんは、初期症状があまり見られないがんですので、定期検診の習慣をつけるとともに、生活習慣の見直しを同時に行っていきましょう。