がんの治療法ー基本的アプローチと最新の治療法

がんは日本人の死因第1位の病気です。がんは恐ろしい病気の一つですが、その治療法は日々進化しています。
医療技術の進歩により、がんの完治に成功して健康的な生活を送っている人もいます。

基本的ながんに対する理解として、がんの治療法についてまとめておきます。

がんの3大治療法

 

がんに対するアプローチは、医療技術の進歩とともに複雑化しています。
しかし、基本的な治療法として分類すると、次の3つに分けることができます。

1.手術療法

がんに侵された部分を手術によって切除する方法です。体にメスを入れてみて、周辺の組織に転移が認められた場合は、その部分を一緒に切除することも可能です。

がんを塊として取り除くことができるので、他の部位に小さな転移がなければ完治する可能性が高いというメリットがあります。

一方デメリットは、切開するため身体に大きな負担がかかることや、切除する部分によっては臓器やその機能が失われることもあります。

近年では、内視鏡などを使い身体への負担を最小限にする術式も普及しています。

2.薬物療法

抗がん剤を使った治療法です。点滴や注射、内服薬により抗がん剤を投与して、がん細胞を死滅させたり、その増殖を抑制します。

薬物療法には、副作用を伴うものが多く、脱毛や吐き気、倦怠感など、患者さんにとってはつらい方法になることが多いです。

また、乳がんや子宮がん、甲状腺がん、前立腺がんなど、ホルモンが関わっているがんに対しては、ホルモンの働きを抑制したりする「ホルモン療法」が行われることもあります。

薬物療法は、長い時間を必要とすることもあり、高額な薬を長期間用いることもあります。

3.放射線治療

がんに侵されている部分に放射線を照射する方法です。検査でがんの大きさや正確な位置を把握して、その場所に放射線を当てることで局所的にがんを取り除くことができます。

放射線を照射する場所によっては、皮膚や粘膜に炎症を起こすこともあります。

放射線を外からあてるだけでなく、放射線を出す物質を密封したカプセルや針を患部に挿入したり、放射性物質を注射や薬で注入する方法もあります。

進歩するがん治療法

がんの3大治療法

 

がんの治療法は、日々進歩を繰り返しています。近年のがん治療法に対する考え方として、3つのアプローチがあります。それは、「低侵襲性」「集学的治療」「個別化」です。

低侵襲性

「低侵襲性」というと、少し難しい言葉になりますが、簡単に言うと、身体への負担をできるだけ少なくするということです。

外科的治療法にしても、薬物による治療法にしても、がんの治療は身体に大きな負担がかかります。
そこで、内視鏡を使うなどして切開する部分をできるだけ小さくしたり、放射線治療を行ったりすることで、身体に負担の小さい治療法を選択できるようになりました。

集学的治療

これは、複数の治療法を組み合わせてがんと闘う、という方法です。
各分野の専門医や看護師がチームを組み、多角度的にがん治療に当たる方法です。

個別化

人に個性があるように、その人の持つ「がん」にも個性があります。
同じがんの種類やステージの患者さんであっても、そのがんは患者さんによって異なります。その人のがんにあった治療法を選択していくことが課題となります。

まとめ―がんの最新治療法

がんの最新治療法

がんの治療法は、世界中で研究が行われ、新しい方法が試されています。中には、おどろくような画期的なものもあります。

2014年に発表された、最新のものには、HIVウィルスを注入したり、3Dプリンターで作ったウイルスでがんを死滅させる試みなども行われ、成功例も報告されています。

今後も、新しい治療法が確立され、がんが不治の病でなくなる日が来ることを願ってやみません。