胃がんの初期症状と検査方法

胃がんは、日本で2番目に多い「がん」だといわれています。

最近は胃がんの早期発見も比較的容易になってきました。しかし、胃がんの中でも「スキルス胃がん」は、初期症状がわかりにくく、早期発見が難しいとされています。

スキルス胃がんを含めて、胃がんの初期症状やその検査方法についてまとめておきます。

普通の胃がんとスキルス胃がん

普通の胃がんは、胃の壁にがん細胞が発生し、だんだんと全体へと広がります。進行していく過程で、胃の粘膜に出血が起こり、黒い便ができることがあります。

黒色の便が出たから胃カメラを飲んでみたら、胃がんだったというケースのように初期発見することも可能です。

一方、胃がんの中でもスキルス胃がんは、早期発見が難しく、完治も難しい胃がんです。

スキルス胃がんは、胃の壁ではなく、粘膜の下にがん細胞が増殖していきます。
そのため、普通の胃がんのような出血がなく自覚症状がないため、早期発見が難しいのです。ですから、発見されたときにはすでに胃全体にがんが広がっている場合もあり、生存率も低くなります。

胃がんの初期症状

胃がん初期症状

では、具体的に胃がんの初期症状とはどのようなものでしょうか。
胃がんの初期症状としては次のような症状が挙げられます。

・継続的な吐き気
・胃の不快感
・食欲不振
・胃や胸のもたれ
・黒色の便
・体重の減少
・貧血
・げっぷ

これらが胃がんの初期症状ですが、普段の胃の不調とあまり変わらないものもあります。そのため、胃がんであるにもかかわらず、「胃がんかもしれない」という疑いを持たないまま放置してしまう人もいます。

また、これらの症状は、胃がんだけでなく、胃潰瘍などを患っているときにも共通して起こる症状です。
このような状態が数日継続するようなら、医療機関で検査してもらうことをおすすめします。

スキルス胃がんは発見が難しい

ただし、スキルス胃がんの初期段階では、上に述べたような自覚症状があまり出てきません。
粘膜の下で静かに進行し、胃のむかつきや体重減少の症状が自覚できるころには、すでにがんが進行しているケースが多いのです。

スキルス胃がんの初期段階では、専門医でも診断がむずかしいといわれています。胃がんを早期発見するためには、定期的な検診が大切です。

病院で行われる胃がんの検査

胃カメラ検査

胃がんの診断のために行われる検査は次のような方法があります。

胃内視鏡検査

直径10ミリ程度の管を口から胃の中に挿入して、胃の粘膜を観察する方法です。いわゆる「胃カメラ」と呼ばれる検査方法です。

口からの挿入時に嘔吐反射を起こす人が多く、つらい検査方法だといわれます。しかし、胃がんの早期発見のための検査方法として信頼性が高いものです。

胃レントゲン検査

バリウムを飲んだ後にレントゲンを撮ることで、胃の状態を見ることができます。胃の表面を細かく観察することはできませんが、胃の全体像や凹凸の変化などを確認できます。定期健診や人間ドックにもよく用いられる検査方法です。

腫瘍マーカー(血液検査)

一部の胃がんには血液中に特定の物質を分泌します。これを「腫瘍マーカー」と呼んでいます。胃がんにピロリ菌が関与しているケースが報告されており、血液検査を行うことで、ピロリ菌の有無や胃粘膜の萎縮の状態を知ることができます。しかし、最終的な胃がんの診断は内視鏡検査で行われます。

胃がんの検査ではがんの進行状況も確認

胃がんの診断のためには、以上のような検査方法が組み合わせて行われます。
胃がんの有無だけでなく、がんであった場合、その進行状態や他への転移など、がんの広がり具合を調べる必要があるからです。

まとめ―定期健診で早期発見をめざす

定期健診で早期発見

胃がんは、初期症状がわかりにくく、早期発見しにくいがんです。特に、スキルス胃がんの場合、生存率も低くたいへん恐ろしい病気です。
早期発見のためには、自覚症状がなくても、1年に一度は定期健診でがんの検査を受けるようにしたいものです。