乳酸菌サプリで免疫力が強くなる?免疫力を立て直すしくみ

健康な女性

乳酸菌といえば?やっぱり思い浮かべるのは、便秘解消とかですよね!
じゃ~乳酸菌ってなに?善玉菌かなぁ~って感じでしょうか。

2つの答えは正解!ですが、今乳酸菌が注目されているのは、便秘解消などの腸内環境改善効果ではありません。

ここ数年前から、急に乳酸菌が注目されるようになりましたよね!その背景には、急速に進んだ腸内フローラ(腸内細菌)の研究によって、ほとんどの病気に腸内細菌が影響していることが分かったためなんですね。

今注目されている乳酸菌は死菌!

乳酸菌が腸内環境改善に効果がある。と言われている頃は、腸内細菌の種類は500種類100兆個と推測されていましたが、2007年以降、腸内細菌の研究が急速に進んだことで、腸内細菌の種類は3000種類1000兆個あることが分かってきました。

私たちの体は2万~2万5000の細胞で作られいるのですが、比較するとどれだけ腸内細菌が私たちのからだに影響を与えているか。と言うことが分かると思います。

一般的な乳酸菌のイメージは、「生きたまま腸に届くことで腸内の善玉菌になって腸内環境が改善する」こんな感じでしょうか?

ヨーグルトや乳酸飲料などに含まれるビフィズス菌や乳酸桿菌などがこの代表ですが、生きたまま腸に届かなければ意味がないと思っている人は今でも沢山いると思います。

しかし、今注目されている乳酸菌は死菌!加熱殺菌された乳酸菌です。

乳酸菌の効果は生死は無関係

最近の研究で、乳酸菌の生死に関係なく健康効果が得られることが分かって来ました。

そして近年、様々な病気に効果があると注目を浴びているのは、生きた乳酸菌(生菌)ではなく加熱殺菌処理をされた生きていない乳酸菌(死菌)だと言うことご存知でしょうか?

そもそも、生きたまま摂取したとしても、大部分は消化管を通過する途中で強酸性の消化液で殺菌されてしまいます。万が一、運よく消化液を逃れて生き残ったとしても、腸に到達すると腸内に住み着いている細菌や白血球によって、すぐに排除されてしまいます。

つまり、これまで生きた状態で腸に届いていると思われていたものは、殆ど生きていない乳酸菌の効果である可能性が高いと考えられます。

腸内フローラを整えることで免役力が強化される

とは言っても、『生きた乳酸菌』神話が根強い日本では、生きていない乳酸菌が、なぜ健康効果を発揮できるのか不思議に思う人も多くいると思います。

健康効果を得る仕組みとして、乳酸菌がどのように作用しているかと言うと、免疫力を向上させることができる。と言うことです。

この免疫力を強くする効果は、生きた乳酸菌よりも加熱殺菌された乳酸菌の方が、免疫活性能力に優れていることが分かっています。

口から摂取した乳酸菌は白血球の栄養となる

口から摂取した乳酸菌は、私たちの腸の中で生きて働くのではなく菌体そのものが有効成分として働きます。 その効果は、乳酸菌の細胞壁に含まれている多糖体によって生み出され、白血球を元気にして免疫バランスを建て直す作用があります。

加熱殺菌された乳酸菌は、この細胞壁そのものなのです。

では、具体的にどのような仕組みで白血球を元気にするのか?それは、食事で取った乳酸菌が「腸管免疫」を刺激すると推測されています。 腸管免疫とは、腸管に特別に配備された人体の防衛システムのことです。

腸管は、呼吸や食事のたびに大量の異物が出入りする危険地帯なので、カラダの内部とは別の独立した免疫機構が存在します。 腸管を通過するさいに、小腸に壁にいくつも点在するパイエル板に次々に取りこまれると考えられます。

パイエル板は、腸管免疫の中枢を担うリンパ組織ですが、そこには常に多くの白血球兵士が常駐していて、乳酸菌のような異物が入ってくるとアリ地獄さながらに捕獲し体内にその情報を伝えます。

すると、全身の白血球が異物の侵入に備えて臨戦態勢となり、これが結果的に全身の免疫力の向上につながるというわけです。

一説では、腸管免疫に働く白血球のうち常に活性化しているのは5%程度で、残りの大部分は眠った状態にあるといわれています。

しかし、乳酸菌を大量に摂取することで、「眠れる白血球」を絶えず刺激することができ、病原菌の侵入やがんの発生を強力に阻止できます。

このような様々な効果は免疫バランスの回復によってもたらされた結果と考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です