乳酸菌がなぜ花粉症を抑制する効果があるのか

乳酸菌による花粉症の抑制メカニズムを知る

花粉症はアレルギー性疾患の一つですが、鼻水・鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみとなって現れます。 花粉症によって起きるさまざまな症状は、血管拡張作用によるブロックや、物理的作用による異物の流出によって身体を異物から守る生体防御反応ですが、私たちにとっては大変不快なものです。

花粉症はどうして発症するのか

発症には、花粉(抗原)に対するIgE抗体量が重要になります。 花粉症を予防するためには、体内のIgE抗体の産生を抑えることで可能になることが分かっています。

IgE抗体とは 免疫グロブリンEというタンパク質で、IgE抗体をつくりやすい遺伝的要因をアレルギー体質という。 花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支ぜん息などの発病に深くかかわっている。

IgE抗体の産生を抑制し花粉症予防・改善に乳酸菌が有用

結論から言うと、乳酸菌にはIgE抗体産生の抑制作用があり、花粉症に有効であると報告されています。 では、どうして乳酸菌が花粉症予防・改善に効果を発揮するのか、その仕組みを解説します。 人の体には、免疫システムを制御するリンパ球が存在します。「ヘルパーT細胞」と呼ばれ、1型(Th1)と2型(Th2)の2種類あり、どちらかの細胞数が増加するともう片方は減少します。 これをTh1/Th2バランスといい、その崩壊が発症メカニズムです。 花粉症の人は、Th2がTh1より増殖していることがわかっています。Th2の増殖は、Th2から産出される「インターロイキン4」という物質により、刺激された肥満細胞からのIgE抗体の過剰産生を生じます。 このTh2の増殖を抑える働きがあるのが乳酸菌です。 乳酸菌を摂取すると、体内でTh1細胞の増殖に伴いTh2細胞が抑制され、その結果、IgE抗体の産生量が減少し、発症が抑えられます。 余談になりますが、衛生的な環境の整備により、乳幼児期に細菌やウイルスなどの微生物に感染する機会が減少し、先進国ではTh1/Th2バランスが崩れている人が多くなったと言われています。 花粉などのアレルゲンの多くは、口から胃腸を経由して体内に侵入しています。 腸内に乳酸菌などのプロバイオティクス株が常在する環境がいかに大切か分かります。

乳酸菌を摂取した花粉症の体験談

免疫乳酸菌で花粉症が軽減された

東京都在住 53歳 女性 花粉症歴10年になります。 毎年、花粉症の季節になると涙目になり、鼻水が止まらずティッシュの消費量が酷く、外出する際にはマスクとサングラスは必須でした。 花粉症に効果があると、甜茶やヨーグルトを試してみましたが、殆ど効果を実感することが出来ませんでした。 花粉症のことは、色々と調べて免疫バランスの崩れであることは知っていましたので、免疫バランスが整うサプリがないかと調べていて、免疫乳酸菌に辿りつきました。 私が、この免疫乳酸菌を試したのは、9月下旬くらいでした。 翌年の花粉症の時期に、明らかに違いを感じることが出来ました。完全に花粉症が治ったわけではありませんが、症状はかなり軽減されています。もしかしたら来年の花粉症は、もっと改善されるのではないかと期待しています。 ※この体験談は、免疫乳酸菌EF2001を含有した乳酸菌を愛飲されている方の体験談です。

まとめ―乳酸菌にはアレルギーを軽減させる効果がある

乳酸菌にはIgE抗体産生の抑制作用があり、花粉症に有効であるということは事実のようです。

しかし、どんな病気でも原因や症状には個人差があるので、全ての花粉症の人に効果が立証できるものではありません。また、乳酸菌の種類や1度に摂取する量などもポイントのようです。

今まで様々な方法で、花粉症の治療に取組んでいるにも関わらず効果を実感できない人は一度試してみる価値はありそうです。